格安航空券(国内)の価格比較

飛行機のチケット予約なら航空券ドットネット

JR新幹線特集

観光・旅行用語集 航空券.net版

旅行・観光のページでよく使われる観光用語や、お問い合わせの多い最新用語
日常的に知られている「旅行」用語をピックアップ。
あらゆる用語を幅広く解説します。

全国旅行業協会

ぜんこくりょこうぎょうきょうかい

 「全国旅行業協会」とは、1965年に設立された、旅行業務に関する公正取引、会員相互の連絡協調を図り、旅行の安全あるいは利便の増進に資する協会のこと。略して「全旅協」とも言う。その事業は、苦情処理、弁済業務、研修、旅行に関する調査・研究、各種の広報活動など多岐にわたる。観光庁所管の団体で、日本旅行業協会と比べると年会費が低いという理由から、中小規模の旅行代理店の会員が多い。全国に5800社の会員が存在する。

 旅行業に関する資格、研修も、この機関が行っている。たとえば「国内旅行業務取扱管理者試験」もその一つ。この資格試験は、旅行業法に基づいて実施され、旅行業者は各営業所ごとに必ず一人有資格者を置かなければならない。また協会ではその他、「「国内旅行業務取扱管理者研修」「旅行業務取扱管理者資格者研修」「旅程管理研修」も実施している。

 また別に一般社団法人日本旅行業協会」があるが、これも同様に、旅行代理店の業界団体である。しかし、全旅協と比べて年会費が高額なため、比較的大規模な旅行代理店の会員が多い。こちらも事業内容に関しては幅広く、苦情処理から広報活動までを行っている。



最終更新日:2017-03-21