あなたの旅をもっと楽しく『旅の強化書』

JR新幹線特集
PRE TRIP

ゴールデンウィーク、混雑する成田国際空港の対処法は?

最終更新日: 2017年05月02日
ゴールデンウィーク、混雑する成田国際空港の対処法は?のイメージ

 2017年のゴールデンウィークは、5月1、2日の2日を休日とすることで、最大9日間の大型連休となります。近場での小旅行を数回楽しむことや、9日間をフル活用してヨーロッパやアメリカなどの長距離の旅先へ向かうことも夢ではないのです。となると、各空港は、人でごった返し、ウンザリとしてしまう、、、。という状況は簡単に想像できます。

 参考までに、2017年のゴールデンウィーク期間(4月28日〜5月7日)の10日間における出入国者数の推計によれば、成田国際空港は前年比7.2%増を見込んでいます。
 成田国際空港の出入国者数は、昨年の夏以降にジンエアー、香港航空、ハワイアン航空などによる新規就航や増便があったことから、79万1300人を予想。出国者数は9.5%増の39万7700人、入国者数は5.0%増の39万3600人を見込んでいます。
 出国の第1ピークは4月29日の4万9600人で、第2ピークは5月3日の4万6800人、第3ピークは4月28日の4万6300人。入国は第1ピークは5月7日の5万600人で、第2ピークは6日の4万9600人、第3ピークは5日の4万3900人となっています。

となると
「できるだけ人ごみは避けたい」
「どの時期が一番混むの?」

 そんな人のために、ゴールデンウィークなどシーズン別の混雑事情をレポートします。事前に知っていれば、あえて日程をずらすこともできます。やはり大混雑するのは長期休暇のようで…。

<いつもより余裕を持って行動する>
 成田国際空港は、日本の主要空港のひとつ。空港に向かう公共交通機関、駐車場、航空会社のチェックインカウンター、保安検査場、ショップやレストラン、、、至る所の全てが、とにかく混雑が予想され、当然、多くの人で入り乱れます。LCCを利用して地方からディズニーランドに行こうとやってくる家族やカップルも多いので、なかなかの大混雑。昔はGWも会社は休みにならなかったものですが、最近はそんな雰囲気も多少変わり、お父さん・お母さんも仕事から解放されて、「ちょっとぶらっとお出かけするか」という気分になるようです。
 大事なのは、通常よりも時間に余裕を持って行動すること。どこも長蛇となるので、本人はもちろん家族や同行者のストレス軽減のためにも、早めの行動が肝心です。
 また成田国際空港は現在、LCC専用ターミナルもできて、ちょっとした国内旅行の玄関口としても広く利用されています。国内線は大丈夫だろう、と甘く見ていると、GW、SWの連休では“人酔い”してしまうかもしれません。

<空港では1にチェックイン、2に保安検査>
 空港に到着したら、航空会社のカウンターに行って手荷物を預けるなど、まずはチェックインを。カウンターもいつもより長蛇になることが予想されます。特に、朝と夜の出発便が多い時間帯はさまざまな方面の搭乗客が一斉に集まるため、真っ先に並んでチェックインを済ませてしまったほうが良いでしょう。
 チェックインしたら、次は保安検査場・出国審査へ。こちらも長い列はある程度、が予想されます。ストレスを少しでも軽減したいなら、「自動化ゲート」の利用もおすすめです。
 自動化ゲートは、出入国時に自分で画面を操作し、パスポートを読み取って指紋を照合するだけですぐ通過できるシステム。日本人の場合、フライト当日に空港内の登録カウンターに行き、無料で申し込むことができます。登録時間は5分程度で事前登録も可能。羽田、成田、関西、中部の各空港に登録受付場所があります。(成田空港の第3ターミナルには自動化ゲートが設置されていないので注意)

 何れにしても、とにかく利用者が多いので、空港のすべての場所で混雑します。繰り返しとなりますが、、人込みで混乱してしまうことも見込んで、早めに到着するように心がけたいものですね。

ちなみに、、、

<夏休み、特にお盆は混雑します…>
 7月下旬〜8月いっぱいは、ご存知通り夏休みです。とはいっても、会社務めの方はなかなかお休みもさせてもらえないでしょうが、航空会社は繁忙期の強気の価格設定。それでも利用者が絶えないのだから、みなさん今はお金にとらわれず、せっかくの休みは空の旅を楽しみたいのでしょう。特に大学が休みになる学生の利用者が、この時期に激増します。
 社会人のお休みは、やっぱりお盆休みですね。年によってこの連休はあったりなかったりしますが、秋のSW(シルーバーウィーク)も同様です。国内外へと旅行する人も増える時期です。黒髪の頭がうごめく成田は、人ごみが苦手な方には、あるいは耐え難いレベルかも??。気を付けてくださいね。

<一番の混雑は年末年始か>
 成田国際空港株式会社によれば、2016〜17年の年末年始、成田国際空港を利用して海外で過ごす人たちは前の年と比べて10%増えました。出国ラッシュは12月29日、帰国ラッシュは1月3日だったそうです。
 年の瀬から新年が始まった数日の間、すなわち、年末年始は、ご想像の通り成田は混雑をきわめます。里帰りする方、あるいは海外旅行・国内旅行に出る方でごった返します。人によっては「息苦しい…」とまで感じられる混雑かもしれません。国内線、国際線、どちらもターミナルは違うのですが、人、人、人です。
 その理由としては、夏休みなどと違って、年末年始は大体の会社も休みになり、お父さんやお母さんも「どこかに行こうかな」というつもりになるから。家族での利用者が多くなるわけですね。それも成田のような全世界各地への路線がある空港では、混雑するのも当然と言えば当然かもしれません。

 成田のシーズン別混雑状況は、ざっとこのような雰囲気です。それ以外の一般時期は、さすがに広々とした空港だけあり、利用者は常に多いといっても、窮屈に感じられるほどではありません。うまく日程をずらせるなら、混雑を避けるのもひとつの考え方でしょう。

一覧に戻る
新千歳空港で遊びを?欠航の待ち時間も吹き飛ばす娯楽施設
大混雑の成田空港
時間に余裕を持った行動を

こちらもオススメ

大混雑の成田空港<br><span>時間に余裕を持った行動をのイメージ

大混雑の成田空港
時間に余裕を持った行動を

年末・年始の羽田はいつもとは別世界、混雑を考えて行動しようのイメージ

年末・年始の羽田はいつもとは別世界、混雑を考えて行動しよう

2017年GW(ゴールデンウィーク)、JR6社の予約状況のイメージ

2017年GW(ゴールデンウィーク)、JR6社の予約状況

海外航空券の空席照会はじめました
PAGE TOP

カテゴリー一覧

© Virtual Net Support Inc. All Rights Reserved.