国内線LCC Jetstar Japan(ジェットスタージャパン)の格安航空券 最安値比較

飛行機のチケット予約なら航空券ドットネット

JR新幹線特集
jetstar

ジェットスター・ジャパン(Jetstar Japan)格安航空券特集

 ジェットスター・ジャパン(Jetstar Japan)は、カンタス航空の子会社として、2012年7月より就航をスタートしました。ジェットスター・ジャパン(Jetstar Japan)は日本航空が出資する格安航空会社(LCC)で、国内線就航のLCCとして日本で2社目。2015年8月に、累積搭乗者数1,000万人を突破し、ジェットスター・ジャパンは札幌(新千歳),東京(成田),那覇,大阪(関西),福岡,名古屋(中部),熊本,鹿児島,松山,大分,高松空港で発着、現在国内LCC最多※1、計20機で一日最大96便を運航されています。

 ジェットスター・ジャパン支持される理由は、他社にない低価格でのフライトを提供する最低価格保証※2というサービスがあります。最低価格保証とは同一路線・同一時間帯にジェットスターよりも低価格のフライトがあれば、その他社の価格より10%引き価格でのフライトをご提供してくれるサービスのことです。さまざまな企業努力によりジェットスター・ジャパンは「より多くのお客様に、より気軽に空の旅を楽しんでもらいたい」という経営理念を実現し格安で航空券を提供する事が可能になりました。

※1 2016/3/27〜10/29の夏期スケジュールの最大便数。(ジェットスター調べ。)
※2 諸条件が適用されます。

ジェットスター・ジャパン(Jetstar Japan) 就航路線の航空券最安値

最安値をクリックすると、「Jetstar (ジェットスター・ジャパン)」をはじめとするLCC航空機や、JAL/ANA等の国内線の格安航空券が検索できます。

国内線ジェットスター・ジャパン 格安航空券を検索

ジェットスター・ジャパン(Jetstar Japan)2つのポイント

jetstar
手荷物に関して
エコノミー「Starter」には受託手荷物料金が含まれていません。詳しくは手荷物のページをご確認ください。
jetstar
最低価格保証
最低価格保証の対象となるフライトがジェットスターより安い場合、他社の価格から10%オフでご提供。

航空機のご紹介(国内線ジェットスター・ジャパンの機体について)

エアバスA320型機(Airbus A320)

オーストラリアおよびニュージーランド国内線とアジアの国際線で利用しているA320型機の座席数は177席と180席です。一つの通路の左右に座席を備える旅客機としては、最も室内幅が広く、ゆったりとした空間で快適なフライトをお楽しみいただけます。A320型機はリーズナブルで安全な空の旅をお約束します。また、同クラスの旅客機の中でも燃費、(CO2)排出量、騒音が最低レベルとなっています。
最大離陸重量 全幅
77,000 kg(169,400 ポンド ) 34.1m(111.8 フィート)
全長 全高
37.6 m(123.3 フィート) 11.8 m(38.6 フィート)
胴体幅 主翼面積
3.7 m(12.2 フィート) 122.4 平方メートル(1,318 平方フィート)
最大運用高度 燃料搭載量
29-39,000 フィート 23,860 リットル(6,300 米ガロン)
巡航速度
863 キロメートル/時(466 ノーティカルマイル/時(キロニュートン))
航続距離
4,800 km(2,600 ノーティカルマイル)
エンジン推力
110.31 キロニュートン(24,800 ポンド)
エンジン
2 x V2527-A5 インターナショナルエアロエンジン
座席
座席幅 45cm(17.88 インチ)
平均シートピッチ(座席の前後間隔)74cm(29 インチ)

ジェットスター 国際線 就航路線

  • 成田空港 ⇔ゴールドコースト
  • ¥23,000〜
  • 大阪(関西空港) ⇔ ゴールドコースト
  • ¥23,000〜
  • 大阪(関西空港) ⇔ マニラ
  • ¥8,000〜
  • 大阪(関西空港) ⇔ 台北
  • ¥7,000〜

ジェットスター航空 その他の路線の格安航空券(海外)比較・飛行機チケット予約はこちら >> ジェットスター国際線

ジェットスター・ジャパン関連のトピックス

 永遠のライバル、ANAの動きに対抗して、JALが始めたLCCがジェットスター・ジャパンです。2011年、三菱商事、オーストラリア大手のカンタスグループとの三社共同出費で設立しました。関空、成田空港を拠点として、全国各地の空港へと就航しています。ピーチと共に、国内のLCCではトップクラスの知名度を誇り、庶民によく親しまれています。  同様のLCC設立にあたり、ANAとJALで大きく違うのは、出資比率です。経営の主導権を握るために過半数の株を確保したANAに対して、JALは3分の1に留めました。欧米の失敗例に学んでの、慎重な態度です。LCCには大きく分けて二つあり、独立系と、大手エアライン系列があるのですが、後者は長く続かないことが多く、JALも一歩引いた戦略を取ったものと見えます。結果的に、ジェットスターは大存在へと成長したわけですが。

■国際線も順調 我らがLCCジェットスター  現在、国内線では、札幌(新千歳),東京(成田),那覇,大阪(関西),福岡,名古屋(中部),熊本,鹿児島,松山,大分,高松空港で発着、現在国内LCC最多1、計20機で一日最大96便を運航され、地方にも路線を拡充。都民にとっては(また大阪府民にとっても)、地方への帰省や旅行に、大いに利用されています。国際線でも、中国、台湾、オーストラリア、インドネシア、フィリピン、タイ、バンコクなどへの路線が拓かれ、格安でのアジア圏海外旅行を実現。ピーチと共に、国内のLCCを代表する存在となりました。
 アジア主要都市を中心とした国際短距離路線の拡大は、設立当初から予定されていた計画です。エアバスA320、このクラスの飛行機の"標準機"で運行。今のところ23機を保有し、毎日、特徴的な「☆」マークが空を駆けています。初就航時には、80名の客室乗務員を確保。第一期生として450人を採用し、5年以内に1500人規模の会社にしていくと宣言しました。第一期生に対しては、「客室乗務員であっても、地上業務は手伝ってもらう場面があるだろう」と語ったのも印象的です。これも安さと効率を重視するLCCならでは。
 また、「最低価格保証」もジェットスターの大きな特徴の1つと言えるでしょう。競合他社よりももし運賃が高かった場合には、コールセンターに電話すれば、最大10%の割引を受けることができます。もし他社のウェブサイトから、ジェットスターより安い運賃があれば、チャットで連絡してみましょう。最低価格保証の対象となれば、割引されるかも!

■サービスはLCCクオリティでも格安!  多くの便において機内サービスは有料。シートピッチも決して広くはなく、機内にはスクリーンも、ちょっとした読み物もありません。フルサービスの一般航空会社に慣れた人にはまだ違和感があるかもしれませんが、いわゆるこれが「LCCクオリティ」です。片道3時間以内の路線ならば、特に不自由や窮屈さも感じずに過ごすことができるでしょう。もっとも、暇をつぶすための音楽プレーヤーや本などは、必須かもしれません。
 使用機材は、世界のローコストキャリアでおなじみのA320です。単通路型、エコノミーのみ180席で構成されたキャビン。追加料金を払えば、足元のスペースが広めの座席を指定することも可能です。機内食としては、チキンライスやナシレマなど、シンガポールの郷土料理が提供されます。日本線では日本人乗務員が最低1名は乗務しており、コミュニケーションの不自由はありません。また、ジェットスター・アジアは他社からの経験者採用に積極的で、CAも経験豊富。質の高いヒューマンサービスを提供しています。ちなみにパイロットに関しては、日本の空を知り尽くしたJALの出身者が多いようです。

ジェットスター
観光旅行用語集
サマーキャンプ沖縄・北海道

おススメ情報 Recommend Information

国内格安ツアー
全国の国内格安ツアーやJR新幹線格安ツアーを比較・検索
国内格安ホテル・旅館
日本全国のホテル・宿・旅館から厳選されたプランをご紹介。
海外格安航空券
海外格安航空券の最安値を比較・検索「航空券ドットネットWorld」
海外ツアー 海外ツアー
お得なパッケージツアーが満載海外ツアーの専門店。全国の旅行会社をご紹介いたします。
海外ホテル・宿泊予約
最大80%OFFの驚きの割引率を誇る海外宿泊予約検索サイト
空港送迎タクシー
自宅から空港へ!空港から目的地へ!事前予約で安心の定額空港タクシー
格安レンタカー
全国4000店舗のレンタカー会社を比較して予約!「旅レンタカー」
旅のアウトレット
京王観光バス旅

このマークの意味は?