国内線LCC Peach(ピーチ・アビエーション)格安航空券の最安値比較

飛行機のチケット予約なら航空券ドットネット

JR新幹線特集
peach 格安航空券特集

国内初の本格LCCとして誕生したPeach(ピーチ・アビエーション)
関西空港をメインに首都圏に路線拡大!

和製LCCの第一号は、ピーチ・アビエーションです。

2012年の3月1日、関西国際空港から飛び立ったピンクの機体が、新たなる歴史の始まりを告げました。まず一機目、朝7時過ぎの便が、北海道の新千歳空港に向かって。その20分後には、二機目が福岡空港に向かって離陸し、それからも相次いで各地の空港へとピーチの機体は発進していきました。記念すべきその日には、空港には多くのマスコミと飛行機ファンが訪れたものです。日本初の本格的なLCCが、ついにデビューしたのでした。

■ついに現れた和製LCCは世界へ

LCCはそれ以前から、欧米諸国で発達していたビジネスモデルです。その先駆けとなったのは、アメリカのサウスウエスト航空。あらゆるアイデアを駆使して運行コストを削減するという同社の方法は、アジアでも見習われ、日本にも2012年までに10社が上陸していました。そしてついに誕生した待望の日本初LCCが、ピーチ・アビエーションなのです。

ピーチという名の通り、桃色をモチーフにした機体は空港でも非常に目立ち、青い空にもよく目立ちます。ここまで派手なカラーリングの機体は世界でも珍しいそうです。2011年の11月、就航に先駆けて真新しい一号機がフランス・トゥルーズ工場から関空に降り立ったときには、飛行機萌えの「空美ちゃん」たちの歓声で、空港が一時華やいだものです。

現在は、北は北海道、南は沖縄。そして香港、台北など、国際線も展開するピーチ。成田〜関空という路線も非常に便利で、庶民の「空の足」として、すっかり定着しています。

Peach(ピーチ・アビエーション) 就航路線の航空券最安値

Peach(ピーチ・アビエーション)国内線

Peach(ピーチ・アビエーション)国際線

Peach(ピーチ・アビエーション)格安航空券トピックス

■運航機種は一つだけ!?

非常に特徴的なデザインのピーチ機ですが、これをスッピンにすると(つまり塗装を取ってしまうと)、エアバスの短通路型ベストセラー機A320が姿を現します。実は、ピーチで利用されている機材は、このA320だけです。A320、たったの3機で就航開始。現在もわずかに18機しかありません。また今なお、使用されている機材は、このA320だけです。

実は、使用する機材をなるべくシンプルな構成にして、コストダウンを実現するというのは、世界各国のLCCで共通しているポイント。ピーチのように、座席数130〜160というクラスの旅客機一種に限定して運航しているLCCは珍しくありません。

運航機材を限定する理由としては、これも「効率化」。毎回同じ飛行機を飛ばすので、パイロットにとっても効率のよい運行ができます。また、日頃のメンテナンスを行う整備士たちにとっても、同じ機材を見る方が効率的です。毎日整備する機材が同じなので作業にも習熟し、徹底した安全管理ができます。結果として、メンテナンス費用も、複数の機材を扱うより大幅にカットできるのです。

■ベストセラー機を利用する安心感

世界のLCCの中で、もっとも多く活用されているのが、前述のエアバスA320と、ボーイング737です。いずれも、飛行機に詳しい人なら知らないはずはない、超ベストセラー機です。これまでの実績から安全性もしっかりと証明されており、操縦経験を持つパイロットも多いので、自前の操縦士育成が難しいLCCでも経験者採用がしやすいという長所があります。また、中古機市場に多く出回っているので、資金力が十分でない新興LCCでも手が届きやすい! ちなみにLCCの元祖・サウスウエスト航空は、737を選択しています。

とはいえ、世界のLCCが使用しているのは、もちろんA320と737に限りません。

たとえば、2010年12月、羽田で就航を開始したエアアジアXは、エアバスA 330を導入しています。A330は、A320と比べると一回り大きい機体です。また中には、短く、利用者も多くない路線を、小型機で飛ぶLCCもあります。"次世代機"と呼ばれる、最新機を持つLCCもあるようです。ピーチは定番のA320に独特なカラーリングで個性を出していますが、世界のLCCも個々に特色があります。ただ、運航機材を統一するという方針は、どこも変わらないようですね。元祖・サウスウエストも、今でも737で運行しています。

Peach(ピーチ・アビエーション) お預けの手荷物(受託手荷物)

ハッピーピーチには受託手荷物の料金は含まれておりません。 お預けが必要な場合は、追加料金にてお預けいただくか、受託手荷物1個分が運賃に含またハッピーピーチ プラスをお選びください。

※注意:空港での受託手荷物料金のお支払いはクレジットカードのみお取扱いいたします。

【手荷物のお預け方法】

機内に持ち込まない手荷物(受託手荷物)は、以下の要領で手続きを行ってください。

・インターネットまたはコンタクトセンターにて事前にお申込みいただいた場合、自動チェックイン機で搭乗券お受け取り後、Peach手荷物カウンターで係員に搭乗券をご提示の上、お荷物をお預けください。

・出発当日に空港カウンターで受託手荷物お預けのお申し出をしていただくことも可能です。その場合、自動チェックイン機で搭乗券をお受け取り後、Peach手荷物カウンターにて受託手荷物料金をお支払いただき、荷物をお預けください。その際、手荷物引き換え証をお渡ししますので、到着地での手荷物引き取りまで、紛失されないように大切に保管してください。 なお、空港カウンターでのお支払はクレジットカード決済のみとなりますので、あらかじめご了承ください。
※インターネットでのお申込みがお得です。

【同一日に二区間以上ご搭乗される場合の受託手荷物について】

Peachでは、「スルーバゲージサービス(出発地点から最終目的地までお客様のお手荷物をお運びするサービス)」は提供しておりません。二区間以上ご搭乗される場合は、区間ごとに出発地でお預けいただき、到着地でお受け取りください。

Peach(ピーチ・アビエーション) 使用機材

AIRBUS A320-200型機について

全長 37.57m
全幅 34.10m
全高 11.76m
最大離陸重量 77t
巡航速度 840km/h
航続距離 6,100km

2012年の就航以来、初の和製LCCピーチが使用している機材は、エアバスA320 だけです。機材の数は増えましたが、機種は変わっていません。なぜA320が選択されたのかと言えば、これは至ってシンプルで、従来の定番機だからです。「標準機」と言ってもいいでしょう。操縦経験のあるパイロットが多く、整備士にとっても馴染みがあり、メンテナンスしやすい。中古で安く買える、新興航空会社としても有難い、扱いやすい機種なのです。

■初飛行から30年 ピーチのA320は安心の「標準機」

A320は、1987年にデビューしてから、今年で30年の歴史を迎える機種です。

受注数としては、同じく定番のボーイング737には及びません。しかし、そのペースで言えば、10年以上先輩の737に勝る勢い。安定感のある性能、そして経済性が、これだけ売れている理由でしょう。車でたとえれば、カローラ、みたいな機種とも言えそうですね。

さすがに世界の数多くのエアラインで信頼され、用いられる機種です。空港でのハンドリング業務(地上支援業務のこと。貨物の積み下ろし、航空機の誘導など)にも、すでに多くのスタッフが習熟しています。また日々の整備に必要な部品も、市場にたっぷりと出回っていて、メンテナンスに手間もかかりません。旅客機は機種ごとに資格を持った整備士とパイロットが必要なのですが、定番のA320の有資格者は多く、人員補充も簡単です。

つまりは、そう、何かと便利で扱いやすい「標準機」というわけです。

ライバルは上でも触れたボーイング737ですが、細かい部分はともあれ、利用者感覚で言えば、一つ大きな長所があります。737と比べて、A320はボディ幅が約20cm広く、その分、高い(といっても実感的には微々たるものかもしれませんが)居住性があるのです。

■現代にも通じるハイテク機A320

さて、A320は全長37.6メートル、全幅が34.1メートル、標準座席数150席というスペックです。短通路型機、すなわち、機内に通路が一本しかないという設計。日本ではじめてこの機種を導入したのは、ANAでした。1991年、それまでのボーイング727-200や737-200の後継機として、A320を選択したのです。

とてもベーシックな印象のA320ですが、実は開発当初から、そのハイテクな設計は話題になっていました。それまでの操縦桿(みなさんがイメージされる"あの操縦桿"です)に代わる「サイドスティック」の導入。「フライ・バイ・ワイヤ」と言われる新しい電子制御機能も革新的でした。とりわけ、これまで戦闘機にしか使われてこなかった「フライ・バイ・ワイヤ」の民間旅客機導入は、話題となったものです。このシステムは、パイロットの操縦操作を電気信号に変換して数値化し、コンピュータが計算した飛行のための最適な数値と比べて、操作を自動制御するもの。未だ現代的で、古びてはいないシステムです。

■次世代機の礎となったA320

前述の「サイドスティック」「フライ・バイ・ワイヤ」という、A320に導入された新たな技術は、実用開始から30年以上経った今でも、"時代遅れ"にはなっていません。むしろ今なお先進のシステム。これはよく考えると、すごいことです。我々の生活の中に、30年以上変わらない物があるでしょうか? テレビも携帯電話も、同じものとは思えないほど変化しました。しかし航空機に関しては、30年前の最新が、今でも「基本」なのです…。

いえ、実際、確実に航空機も変わってきてはいます。しかし、その後エアバスが次々と送り込んだすべての製品には「フライ・バイ・ワイヤ」のシステムが組まれ、たとえば2007年にデビューした超大型機のA380 や、次世代機A350XWBにも受け継がれています。

同システムを取り入れたあらゆる機種では、すなわち、すべての操縦技術が共通となります。よって、パイロットの訓練に時間もコストもかかりません。操縦する者の感覚としても、A320でもA380でも違和感なくなじめるようです。これが、エアライン各社から支持を集める理由の一つであり、とりもなおさず「標準機」たるゆえんでもあるわけです。

観光旅行用語集

おススメ情報 Recommend Information

格安航空券
国内格安航空券を一括検索!複数の航空会社から最安値を比較
国内格安ツアー
全国の国内格安ツアーやJR新幹線格安ツアーを比較・検索
新幹線 格安ツアー
JR新幹線格安ツアー!宿泊付き新幹線パック格安比較・検索
国内格安ホテル・旅館
日本全国のホテル・宿・旅館から厳選されたプランをご紹介。
LCC航空券(国内線)
国内LCC(格安航空会社)航空券をまとめて検索
空港送迎タクシー
自宅から空港へ!空港から目的地へ!事前予約で安心の定額空港タクシー
格安レンタカー
全国4000店舗のレンタカー会社を比較して予約!「旅レンタカー」
旅のアウトレット
京王観光バス旅

このマークの意味は?