あなたの旅をもっと楽しく『旅の強化書』

JR新幹線特集
COLUMN

シルバーウィーク〜費用を抑えて格安&快適に旅する知恵

最終更新日: 2017年09月01日
シルバーウィーク〜費用を抑えて格安&快適に旅する知恵のイメージ

 シルバーウィークには、どこかに出かけたい。けれど、そうは思ってもテレビニュースでも見れば大渋滞の映像ばかりで、「どこにも行かない方が良さそうですよ」なんて、暗に諭されている感じもしますよね。混み合う路上、人でごった返す空港のイメージが頭に残ってしまうと、うーむ、と気持ちも鈍れば、旅費をシミュレーションしてみても、やはり繁忙期には「こりゃ無理だ」という思いに。
??でも、夏休みでも、割安で、快適に旅行ができる可能性もないではありません。

<LCCで可能性を探る>
 現在は、何に先立ってもLCCでしょう。安く旅行をしたいと思うなら、まず、あなたが取るべき行動はLCCのサイトをチェックすることです。旅行代理店や、大手航空会社のパック商品を見ることではありません。「もしかすると格安プランの売れ残りがあるかも」とご想像されるかもしれませんが、あったとしても、決して格安とはいかないでしょう。繁忙期のパック商品というのは、代理店も航空会社も、強気の値段を設定しているものです。

 しかし、LCCなら希望は十分にあります。初動が早ければ早いほど格安で旅行できる可能性は高まります。LCCの航空券の値段というのは、残席に応じて変わり、空席が多いときほど安いのです。よって、GWでも夏休みでも、たとえばその3ヶ月前からだと、まだ世間の人が誰も予約はしていない状況で、驚くべき安さで席が売られていたりするのです。

 意外に、繁忙期間近になっても結構な安さでチケットが出ていたりするので、よく見ておきましょう。出発までの残り日数が近くなってくると、LCCとしても、「やっぱり売れ残ると困るぞ」という感覚になって、売り尽くしのために値段をぐっと下げたりするんです。

 しかも、LCCはリアルタイムで空席が確認・予約できるのに対して、旅行会社のプランなんかには、問い合わせてみても「回答待ち」の期間があったりします。これが実に、実に間抜けで、その待たされる時間のあいだに気持ちが萎えたりもするので、よくありません。

<GWには船便、海外発券という手も◎です>
 シルバーウィークやゴールデンウィークは、日本だけの休暇です。海外にはそんなものはありません。よって航空券のチケットが高いのも、日本発だけということになります。

 すなわち、あえて往きには飛行機を使わず、船なんかで優雅にソウル、香港あたりまで行き、帰りはLCCを使うという賢い方法もあるのです。西日本にお住いの方は、釜山を目指すというのもいいかもしれませんね。というのも、福岡から釜山までは、実に高速船で3時間という距離です。「ゴッドファーザー」を一本観ているあいだに着いちゃいます。夜出発すれば早朝には着いているので、逆に、「こんな簡単でいいの?」と思ってしまうほど。

 わざわざ繁忙期運賃の飛行機を目当てにして関空まで行くよりは、船で釜山に行ってしまった方がずっとラク。しかも船旅というのはまた空旅とは違った趣もあり、楽しいです。

 上でおすすめおして挙げた香港ですが、実は香港から日本の航空券というのは、若干高いです。まあLCCも東京と大阪に就航しているわけですが、それも一般的なLCCの料金よりは少し高額かもしれません。ただ、香港からは南アジア、アフリカ、中東へと、便の選択肢が非常に多いです。もちろん、中国各地に降り立つ便もたくさん出ています。ソウルや香港から発つ飛行機のチケットはネットでも、国内代理店の窓口からも入手できます。

<マイルを利用して「特典航空券」を手に入れる>
 貯まったマイルに応じて入手できるタダ旅券、「特典航空券」は、GWでも使えます。早めに予約しておけばもちろん確実ですし、直前のタイミングでも、わりと希望はあります。というのも、強気の値段設定にしている分、席が埋まりきらずに、「この便なら空いていますが、いかがでしょうか」と案内されることもあるんです(ただし、規定により除外日とされるタイミングもあるので、必ず予約が取れるということではありません)。
 あるいは、こんな上級テクニックもあります。??いったんLCCでソウル、香港や台北あたりまで行って、海外発券にマイレージを使う、というやり方ですね。ANAやJALのマイレージだから日本から出発するときにしか利用できないということはありません。現在は全世界の航空会社がそのへんでは繋がっているので、融通は利きます。多少の工夫をすれば、ある程度までは旅費を押さえて、GWでも夏休みでも自由に世界を旅できるのです。

<大型連休も「大混雑」はしない時代>
 あなたも周りの人を見ていて感じないでしょうか。みんなどうにも、昔より出不精になっているなという感じを。若者の「**離れ」なんて言われていますが、若者だけでなく今日本では全国民が、「海外旅行離れ」「旅行離れ」「遊び離れ」している雰囲気があります。

 以前までは、スキーのリフトに乗るのに2時間待ちみたいなことも平気で在ったりしたので、今の閑散としたゲレンデに行くと、まあ空いていていいのですが、少し寂しいような気持ちにもなります。とはいえ、個々の価値観が変わってきて、「まあ連休くらい家でまったりしていればいいや」という人が増えている昨今は、大型休暇でも快適な旅行がしやすくなってきています。費用を抑える工夫を凝らして、次の休みにでもいかがでしょうか。

一覧に戻る

こちらもオススメ

シルバーウィーク〜費用を抑えて格安&快適に旅する知恵のイメージ

シルバーウィーク〜費用を抑えて格安&快適に旅する知恵

PAGE TOP

カテゴリー一覧

© Virtual Net Support Inc. All Rights Reserved.